ハクビシン駆除を行なうのに効果的な方法を知っておこう

二つの方法がある

一軒家

ハクビシンが自宅に発生してしまった場合には、いち早く駆除を行なう必要があります。そのままにしておくと、食材を荒らされたり畑の作物を散らかしたりといった様々な被害を引き起こしてしまいます。最近では、人が多く集まる都会にも数が増えてきており、住宅に侵入して部屋の中を荒らすトラブルが多発しています。発生を未然に防ぐには、様々な対策方法があります。まずは、エサとなる食材を置かないことです。畑などを持っている場合には、収穫した野菜や果物はその場に放置せずすぐに片付けることや、甘い臭いを発するジュースの缶を捨てるときはきちんと洗ってからゴミ箱に入れること、生ゴミは外に置いておかないことなどといった対策を行なうと効果的です。ハクビシンは、食材の中でも特に甘いものが大好物です。果物やジュースなどといったものの臭いを嗅ぎつけて、住宅に侵入することもあります。そのため、日頃からゴミの処理などを行なうときには、注意しておくこと必要になります。

ハクビシンはどんな場所でも発生する可能性があります。自宅の周辺で見かけた場合や、巣を発見した場合などにはハクビシン駆除の作業を行なってくれる業者のほうに対処をお願いするといいでしょう。業者にハクビシン駆除を依頼すると、適切な方法で問題を改善してくれます。ハクビシンの被害は様々なものがあります。その問題に適した方法で、駆除を行なうことが大切なのです。ハクビシン駆除の主な方法としては、専用の捕獲器を使って捕まえる方法と臭いを発する薬剤を用いて追い出しを行なう方法になります。捕獲器を使う場合には、エサを周辺に置いておくことでおびき出します。エサにつられてやってきたところを捕獲器で捕まえるという流れになります。捕獲を行なう場合には、特定の許可を得ないといけないこともありますので、注意しましょう。捕獲器でも捕まえられない場合には、忌避剤を使ってその場所から追い出しを図ります。ハクビシンはとても嗅覚が発達した動物です。そのため、少しでも嫌な臭いがすればその場から逃げ出す可能性が高くなります。忌避剤は、非常に効果的な道具なのです。ハクビシン駆除の作業は、きちんと手順を踏まないと失敗する確率が高くなってしまいます。業者では、事前の現場調査からしっかりと作業を進めてくれますのでとても安心です。